2021/05/26 自分で氣がつかないこと

メモ
  • 忘れ去られた過去

ひとりひとりの中に自分でも氣がついていない大きな問題があるだろうと思える出来事に直面した。

深層心理において己が感じていることが、この世界を構築している。
認識しているか否かは別として、概念として持っていることのレベルの話。
ここに向き合うことが自分が構築している世界についての手がかりとなる。

 

孤独の中で生きることが、現状多くのことに氣がつける。
氣がついたときにはそこにいる。
流れ続ける中なのか、押し寄せ引く中なのか。
感覚を頼りにいきている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました